ソフト関係の最近のブログ記事

 めっちゃ苦労したのでメモしておく。
うちのBigBlueButtonは三重大Moodleのプラグインとして活躍?している。
ウェブ会議としては導入が優しいのだが
「インストールに際しては素のUbuntuにインストールすべし!」

 うちではUbuntu14.04LTSとBBB0.9.0で動かしていたが、諸事情(html5対応)でBBB1.1にしようと色気づいてしまった。
Ubuntuは14.04から16.04にアップグレードできる情報を見たのがあかんかった。
昨日も夜なべ、3日ぐらい忙しいくせに無駄にした、、、。
(コマンド打つだけなんだけどね)

 どうしてもしたい人向けに一応メモしておく。
1:BBB1.1インストールのページをよーく見ておくこと。
ここにヒントがある。
http://docs.bigbluebutton.org/install/install.html
2:まずは古い環境にあるBBBなどをアンインストールする。
sudo apt-get remove bigbluebutton
sudo apt-get remove ffmpeg
sudo apt-get remove libreoffice
(しなくてもうまくいきそうなのだが、最後の最後でうまくいかない罠)
3:Ubuntuのアップグレード
適当なサイト見てください。
4:適当に下記のコマンド入れていく(すいません、今回は雑です)
sudo ufw allow 5066/tcp
grep "multiverse" /etc/apt/sources.list
-> 次のが入ってるか確認 deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu xenial multiverse
はいってなければ
echo "deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu/ xenial multiverse" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get dist-upgrade
wget http://ubuntu.bigbluebutton.org/repo/bigbluebutton.asc -O- | sudo apt-key add -
echo "deb http://ubuntu.bigbluebutton.org/xenial-110/ bigbluebutton-xenial main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/bigbluebutton.list
sudo apt-get update
sudo apt-get install bigbluebutton
->エラーが出るようならよく見て個別に解決。できないなら素直にUbuntu16.04を素の状態で用意する。
sudo bbb-conf --restart
bbb-conf --check
sudo bbb-conf --setip HOSTNAME(hogehoge.co.jpとかね)
bbb-conf --secret

ここからは動作確認
sudo apt-get install bbb-demo
->適当な別PCから
http://hogehoge.co.jp
にアクセス。
デモモードにつながるので、適当な名前入れて動作確認

動作しない場合、原因究明
sudo apt-get purge bbb-check
->適当な別PCから
http://hogehoge.co.jp/check/
にアクセス。
赤表示が多いなら、あきらめて素直にUbuntu16.04を素の状態で用意する。

 力技で何とかなったが、もうこりごりです。

追伸
 単にインストールしたい人は下記の順で。
sudo ufw allow 80
sudo ufw allow 443
sudo ufw allow 1935
sudo ufw allow 7443 (SSHの場合)
sudo ufw allow 5066 (SSHでない場合)
sudo ufw allow 16384:32768/udp
echo "deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu/ xenial multiverse" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get dist-upgrade
wget http://ubuntu.bigbluebutton.org/repo/bigbluebutton.asc -O- | sudo apt-key add -
echo "deb http://ubuntu.bigbluebutton.org/xenial-110/ bigbluebutton-xenial main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/bigbluebutton.list
sudo apt-get update
sudo apt-get install bigbluebutton
->エラーが出るようならよく見て個別に解決。
sudo bbb-conf --restart
bbb-conf --check
sudo bbb-conf --setip HOSTNAME(hogehoge.co.jpとかね)
bbb-conf --secret

ここからは動作確認
sudo apt-get install bbb-demo
->適当な別PCから
http://hogehoge.co.jp
にアクセス。
デモモードにつながるので、適当な名前入れて動作確認

動作しない場合、原因究明
sudo apt-get purge bbb-check
->適当な別PCから
http://hogehoge.co.jp/check/
にアクセス。

 以前豊橋技術科学大学の平田幸夫先生より提供いただいたクロマトロガーソフトをWindows10で動かすためのメモ

 VB5にて作られているのでそのままでは動かない。
1:¥windows¥system32以下にVB%のランタイムを入れる
今回は
MSCOMM32.OCX
msvbvm50.dll
vb5jp.dll
の3つを入れた。
(Windows7の時は、当該ソフトと同じ階層に入れておけば良かった)
2:コマンドプロンプト(管理者権限で!)にて次を打ち込む
regsvr32 c:¥windows¥system32¥MSCOMM32.OCX
これで組み込まれましたの旨表示が出ればオッケー・

 動かないものも多いらしいが、うちではこれで動いた。
平田先生には改めて感謝申し上げます。
(すいませんが、平田先生とのお約束で私からのプログラムの供与はできません。
平田先生はご退官されています)

 最近こんなのばっかりだな。

古いMacにSierraを無理くりいれる

私のところにあるMacmini Late2009、Early2009へSierraを入れた時のメモ。

○準備物
 macOS Sierra Patcher
(4.2.2がよい)
○方法
 インストールについては色々説明ページがあるのでそこに譲るがポイントとして
・インストール用USBメディアの名称は半角英数でいれること
 また、gptパーティションでフォーマットをすることを忘れないように
・インストール先ディスクの名称も半角英数でいれること
・インストール用USBメディアで起動時、「Language Chooser」が動いてUtilityが選択できないときは、あわてずcommand+Qを1度だけ押すこと
ここら辺を気をつけておけば良いでしょう。
後日Xserve early2008でもやってみる予定
http://www.ringocatnote.com/entry/imac_early_2008_sierra
なおSierra自体のダウンロードはこのサイトの説明はオススメしない。

 参考までに、さらに古いiMac late2006にはMacPostFactor2.0.1を試す予定。
これはEl Capitannまでのよう
http://fumie-mac.blog.so-net.ne.jp/2013-11-02

Kindle keyboard使いなので、メモ(OSXでの話)

1:k2pdfoptをダウンロード
(これはアプリでなくコマンドなのでダブルクリックしても開きません。)

2:ダウンロードしたファイルに実行権755を付ける
(ターミナルにてにてchmod 755 置いてある場所)

3:Automatorにてbashを使ったシェルスクリプト作成
(http://netbuffalo.doorblog.jp/archives/4332005.htmlを参考に)

参考:2を忘れるとエラーが出ます。
   3の引数は、k2が最も見やすかった。dxは字が小さすぎ、kpwは少々擦れます。

識者の皆様に感謝

BigBlueButtonインストールメモ

BigBlueButtonインストールメモ
とりあえず自分用にざっと書いてあります。

サーバのスペックなど
OS:Ubuntu 14.04 LTS
Spec: Core2Quad/8G/128G_SSD (Express5800/110Ge)

Openmeetingsはいったん凍結してこちらでMoodleと連携を検討中。
情報をいただきましたうだがわ様に感謝
https://moodle.org/mod/forum/discuss.php?d=97526#p1175378

https://code.google.com/p/bigbluebutton/wiki/090InstallationUbuntu 
より

# cat /etc/default/locale
LANG="ja_JP.UTF-8"

# uname -m
x86_64

# cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=14.04
DISTRIB_CODENAME=trusty
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 14.04.1 LTS"

# grep "multiverse" /etc/apt/sources.list
## multiverse WILL NOT receive any review or updates from the Ubuntu
deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty multiverse
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty multiverse
deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-updates multiverse
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-updates multiverse
deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-backports main restricted universe multiverse
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-backports main restricted universe multiverse
deb http://security.ubuntu.com/ubuntu trusty-security multiverse
deb-src http://security.ubuntu.com/ubuntu trusty-security multiverse

#echo "deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty multiverse" | tee -a /etc/apt/sources.list
deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty multiverse

#apt-get update
#apt-get dist-upgrade

#wget http://ubuntu.bigbluebutton.org/bigbluebutton.asc -O- |apt-key add -

#echo "deb http://ubuntu.bigbluebutton.org/trusty-090/ bigbluebutton-trusty main" | tee /etc/apt/sources.list.d/bigbluebutton.list
deb http://ubuntu.bigbluebutton.org/trusty-090/ bigbluebutton-trusty main

#apt-get update

install-ffmpeg.sh を作成
----(ここから)
sudo apt-get install build-essential git-core checkinstall yasm texi2html libvorbis-dev libx11-dev libvpx-dev libxfixes-dev zlib1g-dev pkg-config netcat

FFMPEG_VERSION=2.3.3

cd /usr/local/src
if [ ! -d "/usr/local/src/ffmpeg-${FFMPEG_VERSION}" ]; then
sudo wget "http://ffmpeg.org/releases/ffmpeg-${FFMPEG_VERSION}.tar.bz2"
sudo tar -xjf "ffmpeg-${FFMPEG_VERSION}.tar.bz2"
fi

cd "ffmpeg-${FFMPEG_VERSION}"
sudo ./configure --enable-version3 --enable-postproc --enable-libvorbis --enable-libvpx
sudo make
sudo checkinstall --pkgname=ffmpeg --pkgversion="5:${FFMPEG_VERSION}" --backup=no --deldoc=yes --default
----(ここまで)

# chmod +x install-ffmpeg.sh
# ./install-ffmpeg.sh
参考:結構インストールに時間かかる
参考 ffmpeg削除するときはdpkg -r ffmpeg

# ffmpeg -version
ffmpeg version 2.3.3 Copyright (c) 2000-2014 the FFmpeg developers
built on Oct 21 2014 11:48:33 with gcc 4.8 (Ubuntu 4.8.2-19ubuntu1)
configuration: --enable-version3 --enable-postproc --enable-libvorbis --enable-libvpx
libavutil 52. 92.100 / 52. 92.100
libavcodec 55. 69.100 / 55. 69.100
libavformat 55. 48.100 / 55. 48.100
libavdevice 55. 13.102 / 55. 13.102
libavfilter 4. 11.100 / 4. 11.100
libswscale 2. 6.100 / 2. 6.100
libswresample 0. 19.100 / 0. 19.100

#apt-get install bigbluebutton

#apt-get install bbb-demo

#bbb-conf -enablewebrtc

# apt-get install -y xfonts-intl-japanese-big xfonts-intl-japanese

#bbb-conf --clean
#bbb-conf -check

#apt-get install sysv-rc-conf
# sysv-rc-conf
サービスの確認

#ufw status
# ufw enable
# ufw allow 80/tcp
# ufw allow 1935/tcp
# ufw allow 9123/tcp
# ufw allow 16384:32768/udp

最後に
# bbb-conf --clean
# bbb-conf --check
BigBlueButton Server 0.9.0-beta (438)
Kernel version: 3.13.0-32-generic
Distribution: Ubuntu 14.04.1 LTS (64-bit)
Memory: 7983 MB

/var/www/bigbluebutton/client/conf/config.xml (bbb-client)
Port test (tunnel): hogehoge
Red5: hogehoge
useWebrtcIfAvailable: true

/opt/freeswitch/conf/sip_profiles/external.xml (FreeSWITCH)
websocket port: 5066
WebRTC enabled: true

/etc/nginx/sites-available/bigbluebutton (nginx)
server name: hogehoge
port: 80
bbb-client dir: /var/www/bigbluebutton

/var/lib/tomcat7/webapps/bigbluebutton/WEB-INF/classes/bigbluebutton.properties (bbb-web)
bbb-web host: hogehoge

/var/lib/tomcat7/webapps/demo/bbb_api_conf.jsp (API demos)
api url: hogehoge

/usr/share/red5/webapps/bigbluebutton/WEB-INF/red5-web.xml (red5)
voice conference: FreeSWITCH
capture video: true
capture desktop: true

/usr/local/bigbluebutton/core/scripts/bigbluebutton.yml (record and playback)
playback host:hogehoge


** Potential problems described below **
# Warning: The API demos are installed and accessible from:
#
# http://hogehoge/
#
# These API demos allow anyone to access your server without authentication
# to create/manage meetings and recordings. They are for testing purposes only.
# If you are running a production system, remove them by running:
#
# sudo apt-get purge bbb-demo

設定
まずはサーバへの接続確認
ブラウザにて動作確認
http:// http://hogehoge/

----
Welcome to nginx!
If you see this page, the nginx web server is successfully installed and working. Further configuration is required.
For online documentation and support please refer to nginx.org.
Commercial support is available at nginx.com.
Thank you for using nginx.
----
これが出ればオッケー

# bbb-conf -salt
URL: http://hogehoge/bigbluebutton/
Salt: *********************

# sudo apt-get purge bbb-demo
# bbb-conf --restart
http://hogehoge(ただしIPアドレスでないといけない)/
にてアクセスできればオッケー

IPからFQDNに変更する。
# bbb-conf --setip hogehoge(ここはFQDNいれること)
確認
# bbb-conf --check
以下のhogehogeはFQDNになってることを確認
BigBlueButton Server 0.9.0-beta (438)
Kernel version: 3.13.0-37-generic
Distribution: Ubuntu 14.04.1 LTS (64-bit)
Memory: 7983 MB

/var/www/bigbluebutton/client/conf/config.xml (bbb-client)
Port test (tunnel): hogehoge
Red5: hogehoge
useWebrtcIfAvailable: true

/opt/freeswitch/conf/sip_profiles/external.xml (FreeSWITCH)
websocket port: 5066
WebRTC enabled: true

/etc/nginx/sites-available/bigbluebutton (nginx)
server name: hogehoge
port: 80
bbb-client dir: /var/www/bigbluebutton

/var/lib/tomcat7/webapps/bigbluebutton/WEB-INF/classes/bigbluebutton.properties (bbb-web)
bbb-web host: hogehoge

/var/lib/tomcat7/webapps/demo/bbb_api_conf.jsp (API demos)
api url: hogehoge

/usr/share/red5/webapps/bigbluebutton/WEB-INF/red5-web.xml (red5)
voice conference: FreeSWITCH
capture video: true
capture desktop: true

/usr/local/bigbluebutton/core/scripts/bigbluebutton.yml (record and playback)
playback host: hogehoge


** Potential problems described below **
# Warning: API URL IPs do not match host:
#
# IP from ifconfig: hogehoge
# /var/lib/tomcat7/webapps/demo/bbb_api_conf.jsp: hogehoge

# Warning: The API demos are installed and accessible from:
#
# http://hogehoge/
#
# These API demos allow anyone to access your server without authentication
# to create/manage meetings and recordings. They are for testing purposes only.
# If you are running a production system, remove them by running:
#
# sudo apt-get purge bbb-demo


追記(150304)
 参考サイト
・全般http://blog.scimpr.com/2012/08/15/オンライン会議システムを試す〜bigbluebutton/
・デフォルトプレゼンテーションの変更http://cute.classcat.com/index.php/webcon-faq-using-serivce/presentations/149-modify-default-presentation.html
・マニュアル(講師用聴講者用

Openmeetingsのインストール

 まだメモ程度だけど備忘録として書いておく。
先人に感謝。

 参考までにサーバのスペックなど
OS:Ubuntu 14.04 LTS
Spec: Core2Quad/8G/128G_SSD (Express5800/110Ge)

http://laetzsch4438.wordpress.com/2014/09/22/出来たっぽいよ、openmeetings!/

より

$ sudo -E add-apt-repository ppa:webupd8team/java

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get -y install oracle-java8-installer

$ sudo apt-get -y install imagemagick

$ sudo apt-get -y install make

$ sudo apt-get -y install zlib1g-dev

$ sudo apt-get install SWFTools

$ wget http://www.swftools.org/swftools-0.9.2.tar.gz

$ tar xfz swftools-0.9.2.tar.gz

$ cd swftools-0.9.2

$ sudo ./configure

$ sudo make

$ sudo vi swfs/Makefile

>> $(INSTALL_DATA) ./swft_loader.swf $(pkgdatadir)/swfs/swft_loader.swf

>> rm -f $(pkgdatadir)/swfs/default_viewer.swf(以降を削除)

>> $(LN_S) $(pkgdatadir)/swfs/simple_viewer.swf $(pkgdatadir)/swfs/default_viewer.swf

>> rm -f $(pkgdatadir)/swfs/default_loader.swf(以降を削除)

>> $(LN_S) $(pkgdatadir)/swfs/tessel_loader.swf $(pkgdatadir)/swfs/default_loader.swf

$ sudo make install

$ cd ~mishima

$ sudo apt-get -y install jodconverter

$ wget http://sourceforge.net/projects/openofficeorg.mirror/files/4.1.1/binaries/ja/Apache_OpenOffice_4.1.1_Linux_x86-64_install-deb_ja.tar.gz

$ tar xfz Apache_OpenOffice_4.1.1_Linux_x86-64_install-deb_ja.tar.gz

cd ja/DEBS/

$ sudo dpkg -i *.deb

$ cd ~mishima

$ sudo -E add-apt-repository ppa:mc3man/trusty-media

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get -y install ffmpeg

$ sudo apt-get -y install sox

$ sudo vi /etc/init.d/soffice

(以下を引用符消して丸ごと貼り付け)

#!/bin/bash

# openoffice.org headless server script

#

OOo_HOME=/opt/openoffice4

SOFFICE_PATH=$OOo_HOME/program/soffice

PIDFILE=/var/run/openoffice-server.pid

set -e

case "$1" in

start)

if [ -f $PIDFILE ]; then

echo "OpenOffice headless server has already started."

sleep 5

exit

fi

echo "Starting OpenOffice headless server"

$SOFFICE_PATH -headless -nofirststartwizard -accept="socket,port=8100;urp;" & >/dev/null 2>&1

touch $PIDFILE

;;

stop)

if [ -f $PIDFILE ]; then

echo "Stopping OpenOffice headless server."

killall -9 soffice && killall -9 soffice.bin

rm -f $PIDFILE

exit

fi

echo "Openoffice headless server is not running."

exit

;;

*)

echo "Usage: $0 {start|stop}"

exit 1

esac

exit 0

$ sudo chmod +x /etc/init.d/soffice

$ sudo /etc/init.d/soffice start &

(Failed to open displayが出るけど無視)

$ sudo mkdir /usr/local/openmeetings

$ sudo chmod -R 777 /usr/local/openmeetings

$ cd /usr/local/openmeetings

$ wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache/openmeetings/3.0.3/bin/apache-openmeetings-3.0.3.tar.gz

$ tar xfz apache-openmeetings-3.0.3.tar.gz

$ rm apache-openmeetings-3.0.3.tar.gz

$ cd ~/

$ sudo vi /etc/init.d/openmeetings

(以下を引用符消して丸ごと貼り付け)

#! /bin/sh

NAME=openmeetings

RED5_DIR=/usr/local/$NAME

START_DAEMON=$RED5_DIR/red5.sh

STOP_DAEMON=$RED5_DIR/red5-shutdown.sh

RUN_USER=root

PIDFILE=/var/run/$NAME.pid

LOGFILE=/var/log/$NAME.log

test -x $START_DAEMON || exit 5

start() {

echo -n "Starting OpenMeetings Service:"

cd $RED5_DIR

su -s /bin/bash -c "$START_DAEMON &" $RUN_USER >> $LOGFILE 2>&1

RETVAL=$?

echo

[ $RETVAL = 0 ] && touch ${PIDFILE}

sleep 2

return $RETVAL

}

stop() {

echo -n "Shutting down OpenMeetings:"

cd $RED5_DIR

su -s /bin/bash -c "$STOP_DAEMON &" $RUN_USER >> $LOGFILE 2>&1

RETVAL=$?

echo

[ $RETVAL = 0 ] && rm -f ${PIDFILE}

sleep 2

return $RETVAL

}

case "$1″ in

start)

start

;;

stop)

stop

;;

restart)

stop

start

;;

esac

$ sudo chmod +x /etc/init.d/openmeetings

$ sudo /etc/init.d/openmeetings start &

($ sudo /etc/init.d/openmeetings stop)止める時

$ sudo apt-get install sysv-rc-conf

$ sudo sysv-rc-conf サービスが起動時に動くように設定

$ sudo ufw allow 22/tcp

$ sudo ufw allow 1935/tcp

$ sudo ufw allow 5080/tcp

$ sudo ufw allow 8088/tcp

$ sudo ufw allow 8443/tcp

$ sudo ufw allow 4445/tcp

$ sudo ufw allow 80/tcp

#apt-get install autoconf automake build-essential checkinstall git libass-dev libfaac-dev -y

# apt-get install libgpac-dev libmp3lame-dev libopencore-amrnb-dev libopencore-amrwb-dev -y

おまじない

# apt-get install librtmp-dev libspeex-dev -y

# apt-get install libtheora-dev libtool libvorbis-dev pkg-config texi2html zlib1g-dev -y

# apt-get install libgif-dev xpdf libfreetype6 libfreetype6-dev libjpeg62 libjpeg8 -y

# apt-get install libjpeg8-dev libjpeg-dev libdirectfb-dev -y

# apt-get install libart-2.0-2 libt1-5 zip unzip bzip2 subversion git-core checkinstall -y

# apt-get install texi2html libfaac-dev libfaad-dev libmp3lame-dev libsdl1.2-dev libx11-dev -y

# apt-get install libxfixes-dev libxvidcore-dev zlib1g-dev libogg-dev sox libvorbis0a libvorbis-dev -y

# apt-get install libgsm1 libgsm1-dev libfaad2 lame make g++ -y

設定

http://vc10.innov.mie-u.ac.jp:5080/openmeetings/install

SWFTools Path /usr/local/share/swftools

ImageMagick Path /etc/ImageMagick

SoX Path /usr/bin/sox

JOD Path /usr/bin/jodconverter

CanonプリンタMP980の設定

 CanonプリンタMP980の設定ではまったのでメモしておく。

目的
 大学の教育用ネットワークセグメントに繋げたCanonプリンタMP980への設定
(固定IP(同一セグメント)環境、対象はWindows7,8マシン)

必要なもの
 CanonのサイトにあるドライバのうちPIXUS MP980 MP Driver Ver. 1.03とIJ Network Driver Ver. 2.5.7 / Network Tool Ver. 2.5.7
(MP980 ミニマスターセットアップ Ver.1.04はだめなんです)

方法
 1:PIXUS MP980 MP Driver Ver. 1.03をインストール
   なんやかんやいってくるが、とりあえずは適当に完了させる
   →これでプリンタドライバが入る
 2:IJ Network Driver Ver. 2.5.7 / Network Tool Ver. 2.5.7
   なんやかんやいってくるが、自動検出で該当のプリンタを表示させたらオッケー
   うまくいかない時は「デバイスの追加」で行きましょう
   →これを入れないと通信のためのポート「Canon BJNP Port」が入らない
    (ここではまった)

ここら辺が参考かな?
 手伝ってくれたM2のH君K君に感謝。

 Xserve (Early 2008) をご好意でお譲りいただいた。
せっかくなのでMavericksのインストールをと考えたのだが、対応しない機種とのこと。
EFIは64bitだから何とかなるはずと、Mac miniにLionを入れた時のような勢いに任せて情報を探すとありました。
Mavericks on unsupported 2008 Xserve
おお、ほぼ一緒のやり方ね。
0:Xserveへディスプレイとキーボード、マウスを付けてインストールした
1:まずは手持ちのMavericksインストール可能Mac miniにて手持ちUSBメモリ(16gbを使用、8gbでもいけそう)へインストール→再起動せずに終了(再起動しはじめたらUSBを素早く抜く)
2:いったんMac mini内蔵HDDより起動
3:MavericksをインストールしたUSBを刺して、中にある
/System/Library/CoreServices/PlatformSupport.plist
へ追記(テキストエディタでもvimでもお好きな方で)
----(追記内容)----
Mac-F42289C8
Xserve2,1
----(ここまで)----
上記をそれぞれふさわしい場所へ入れる。
Mac-F42289C8だけで良いようだが、いちおうおまじないで)
→作業後USBメモリを外す。
4:USBメモリをXserveに取り付け、そこから起動(ここが結構厄介、command+option効かない。のでいったん内蔵HDDを全て外してUSB起動してから付けた)
→きちんと3の書き換えができていれば起動する。できていないと起動すぐのグレー画面にて駐車禁止マークが出て起動しません。
5:起動したら、オッケーです。
注意点として、OSXのアップデートをかけるとPlatformSupport.plistが書き変わることがあるので、USBメモリはきちんと手元に持っておきましょう。また、PlatformSupport.plistのコピーを保存しておくと良いです。(いちおうUSBメモリの/System/Library/CoreServices/PlatformSupport.plistに入っているはずですが、忘れてしまいますよね。)

 なお、なぜ対応機種から外れたかと言うと、グラフィックボードの問題のようです。
Xserve (Early 2008):ATI Radeon X1300 PCI Expressグラフィックボード内蔵(64MB GDDR3メモリ、シングルリンクMini DVIポート)
Xserve (Early 2009):NVIDIA GeForce GT 120グラフィックカード(256MB GDDR3メモリ搭載)、Mini DisplayPort出力
確かに動作させると、アクセラレーションが効かず、げんなりします。
→こういう場合はWindows用のビデオカードを刺しましょう。私は手持ちのNVIDIA GeForce 8500 GT 256 MBをPCI-Expressスロットに刺しました。GeForce GT 120や220,Radeon HD5770などは行けるようです。起動時のリンゴマークなどは見えませんが起動さえしてしまえば、問題ありません。なお内蔵ビデオは特殊で、ディスプレーを繋げてなくとも1024x768が繋がっていると認識しています。

 SATAのHDDも3台はいるので勇んで手持ちを繋げたところ認識せず。Xserveは昔なつかし(SCSIの頃だなあ)のアップル純正HDD縛りがあるとの記述もあったが、そんなことはないだろうと試したところ、どうやらSATA1.5G転送速度にしないと認識しないよう。WDの320G SATAのジャンパ5-6を繋いで確認したところ、見事認識。(1TBは手持ちではだめだった)

----(追記140625)----
1GBのHDDだがWestern DigitalのWD10EZRXであった。こいつAdvanced Formatなのね。
ということで、この機能を消すべくJP7-8及び3G転送固定のため5-6を繋いだところ、認識してくれた。ちょうどTimeMacineのHDD容量が足りなくなっていたので助かった。

 現在Mavericks+OSXServerを入れてTime Machineサーバとなってます。
機会をお作りいただいたDynaさん、お譲りいただいた滋賀のFさん、先駆者のみなさんに感謝。

OS9.2.2環境の構築(NetBoot9.dmg利用)

 AppleWorksやClarisDrawなどで作った書類を見るかなあと思いながら見送ってたのですが、いよいよやろうかなということでメモ。
うちには某所よりiBook G3が来ていたので、そこに入れる。

2)「NetBoot9.dmg」をダウンロードし、ダブルクリックして、ディスクイメージ「NetBoot for Mac OS 9」をマウント
   註:もしマウントできない場合には新しめのOSXの「ディスクユーティリティー」のウィンドへこのdmgファイルを入れる→現れたアイコンを右クリックして「"NetBoot9.dmg"を変換」してやること(うちでは10.9でやった。10.5はダメだった。)
3)「Japanese」フォルダを開き、「NetBoot_J.pkg」を右クリック、コンテクストメニューから「パッケージの内容を表示」を選択
4))「Contents」フォルダをダブルクリック
5)「Resources」フォルダをダブルクリック
6)「NetBoot_J.pax.gz」をダブルクリックで解凍
   註:アクセス権がないといわれたら、「情報を見る」よりアクセス権を全てに対し(じゃなくていいと思うけど)「読み・書き」に変更
7)「NetBoot HD.img」をダブルクリックしてマウント
8)「Applications (Mac OS 9)」、「システムフォルダ」を起動ディスクにコピー

識者の方に感謝。

 参考までに

Vaioのドライバ関係fromヨーロッパ

 某所で廃棄になったVGN-BX96PS、ドライバがないので困っていたら、ここのが使えるかもということで情報を載せておく。
ftp://ftp.vaio-link.com/pub/VAIO/ORIGINAL/

先人に感謝。
http://mimumimu.net/blog/2010/07/03/vaio-vgn-sz93ns-x64-化計画。/

Twitter


過去記事(月別)