ソフト関係の最近のブログ記事

GmailからGmailへのお引越し

Gmailアカウントから他のGmailカウントへデータを移す(元のデータはそのまま)

 諸事情で引っ越す必要があったので実施しました。

・元のGmailアカウントでpopアクセスを許可する

設定→メール転送と POP/IMAP

1. ステータス:
「すべてのメールで POP を有効にする (ダウンロード済みのメールを含む)」にチェック
2. POP でメールにアクセスする場合「GMAILのメールをトレイの残す」を選択
2段階認証を設定している場合は、「アプリパスワード」を作成しておく。

・移転先のGmailアカウントで次の設定を行う

設定→アカウント

他のアカウントでメールを確認にて「メール アカウントを追加する」をクリック
追加するメールアドレス:元のGmailアドレスを記入
「元のGmailアドレスのメール設定を入力します。」にて
ユーザー名:元のGmailアカウント名
パスワード:元のGmailのパスワード
2段階認証を設定している場合は、「アプリパスワード」
Popサーバ:pop.gmail.com、ポート:995 ←初期設定で良い
「取得したメッセージのコピーをサーバーに残す。」←チェック外す
メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用する。←チェックする
受信したメッセージにラベルを付ける←必要に応じて
メッセージを受信トレイに保存せずにアーカイブする←必要に応じて
以上設定後、「アカウントを追加」をクリック

 実施は自己責任でお願いします。

参考
https://support.gluegent.com/hc/ja/articles/206260442

 MacminiのOS再インストール(10.13 HighSierra)が終わったと思ったら、表題の問題発生。
Microsoft Office2016です。
原因はキャッシュファイルなのだが場所がわからない。
調べたら下記の場所だった。
~/Library/Application Support/Microsoft/Office/14.0/OfficeFileCache
にあるファイルを全てゴミ箱へ入れたところ、きちんと動作した。
なお捨てる前に一応オフィス系ソフトは強制終了しておいた。

PowerBookG4にUbuntu Mate 16.04インストール

 諸事情で作成したPowerBookG4用のUbuntuマシンのメモ

 http://www2.innov.mie-u.ac.jp/~mishima/powerbook-g5a1052ubuntu-mate-1604.html

 めっちゃ苦労したのでメモしておく。
うちのBigBlueButtonは三重大Moodleのプラグインとして活躍?している。
ウェブ会議としては導入が優しいのだが
「インストールに際しては素のUbuntuにインストールすべし!」

 うちではUbuntu14.04LTSとBBB0.9.0で動かしていたが、諸事情(html5対応)でBBB1.1にしようと色気づいてしまった。
Ubuntuは14.04から16.04にアップグレードできる情報を見たのがあかんかった。
昨日も夜なべ、3日ぐらい忙しいくせに無駄にした、、、。
(コマンド打つだけなんだけどね)

 どうしてもしたい人向けに一応メモしておく。
1:BBB1.1インストールのページをよーく見ておくこと。
ここにヒントがある。
http://docs.bigbluebutton.org/install/install.html
2:まずは古い環境にあるBBBなどをアンインストールする。
sudo apt-get remove bigbluebutton
sudo apt-get remove ffmpeg
sudo apt-get remove libreoffice
(しなくてもうまくいきそうなのだが、最後の最後でうまくいかない罠)
3:Ubuntuのアップグレード
適当なサイト見てください。
4:適当に下記のコマンド入れていく(すいません、今回は雑です)
sudo ufw allow 5066/tcp
grep "multiverse" /etc/apt/sources.list
-> 次のが入ってるか確認 deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu xenial multiverse
はいってなければ
echo "deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu/ xenial multiverse" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get dist-upgrade
wget http://ubuntu.bigbluebutton.org/repo/bigbluebutton.asc -O- | sudo apt-key add -
echo "deb http://ubuntu.bigbluebutton.org/xenial-110/ bigbluebutton-xenial main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/bigbluebutton.list
sudo apt-get update
sudo apt-get install bigbluebutton
->エラーが出るようならよく見て個別に解決。できないなら素直にUbuntu16.04を素の状態で用意する。
sudo bbb-conf --restart
bbb-conf --check
sudo bbb-conf --setip HOSTNAME(hogehoge.co.jpとかね)
bbb-conf --secret

ここからは動作確認
sudo apt-get install bbb-demo
->適当な別PCから
http://hogehoge.co.jp
にアクセス。
デモモードにつながるので、適当な名前入れて動作確認

動作しない場合、原因究明
sudo apt-get purge bbb-check
->適当な別PCから
http://hogehoge.co.jp/check/
にアクセス。
赤表示が多いなら、あきらめて素直にUbuntu16.04を素の状態で用意する。

 力技で何とかなったが、もうこりごりです。

追伸
 単にインストールしたい人は下記の順で。
sudo ufw allow 80
sudo ufw allow 443
sudo ufw allow 1935
sudo ufw allow 7443 (SSHの場合)
sudo ufw allow 5066 (SSHでない場合)
sudo ufw allow 16384:32768/udp
echo "deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu/ xenial multiverse" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get dist-upgrade
wget http://ubuntu.bigbluebutton.org/repo/bigbluebutton.asc -O- | sudo apt-key add -
echo "deb http://ubuntu.bigbluebutton.org/xenial-110/ bigbluebutton-xenial main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/bigbluebutton.list
sudo apt-get update
sudo apt-get install bigbluebutton
->エラーが出るようならよく見て個別に解決。
sudo bbb-conf --restart
bbb-conf --check
sudo bbb-conf --setip HOSTNAME(hogehoge.co.jpとかね)
bbb-conf --secret

ここからは動作確認
sudo apt-get install bbb-demo
->適当な別PCから
http://hogehoge.co.jp
にアクセス。
デモモードにつながるので、適当な名前入れて動作確認

動作しない場合、原因究明
sudo apt-get purge bbb-check
->適当な別PCから
http://hogehoge.co.jp/check/
にアクセス。

 以前豊橋技術科学大学の平田幸夫先生より提供いただいたクロマトロガーソフトをWindows10で動かすためのメモ

 VB5にて作られているのでそのままでは動かない。
1:¥windows¥system32以下にVB%のランタイムを入れる
今回は
MSCOMM32.OCX
msvbvm50.dll
vb5jp.dll
の3つを入れた。
(Windows7の時は、当該ソフトと同じ階層に入れておけば良かった)
2:コマンドプロンプト(管理者権限で!)にて次を打ち込む
regsvr32 c:¥windows¥system32¥MSCOMM32.OCX
これで組み込まれましたの旨表示が出ればオッケー・

 動かないものも多いらしいが、うちではこれで動いた。
平田先生には改めて感謝申し上げます。
(すいませんが、平田先生とのお約束で私からのプログラムの供与はできません。
平田先生はご退官されています)

 最近こんなのばっかりだな。

古いMacにSierraを無理くりいれる

私のところにあるMacmini Late2009、Early2009へSierraを入れた時のメモ。

○準備物
 macOS Sierra Patcher
(4.2.2がよい)
○方法
 インストールについては色々説明ページがあるのでそこに譲るがポイントとして
・インストール用USBメディアの名称は半角英数でいれること
 また、gptパーティションでフォーマットをすることを忘れないように
・インストール先ディスクの名称も半角英数でいれること
・インストール用USBメディアで起動時、「Language Chooser」が動いてUtilityが選択できないときは、あわてずcommand+Qを1度だけ押すこと
ここら辺を気をつけておけば良いでしょう。
後日Xserve early2008でもやってみる予定
http://www.ringocatnote.com/entry/imac_early_2008_sierra
なおSierra自体のダウンロードはこのサイトの説明はオススメしない。

 参考までに、さらに古いiMac late2006にはMacPostFactor2.0.1を試す予定。
これはEl Capitannまでのよう
http://fumie-mac.blog.so-net.ne.jp/2013-11-02

Kindle keyboard使いなので、メモ(OSXでの話)

1:k2pdfoptをダウンロード
(これはアプリでなくコマンドなのでダブルクリックしても開きません。)

2:ダウンロードしたファイルに実行権755を付ける
(ターミナルにてにてchmod 755 置いてある場所)

3:Automatorにてbashを使ったシェルスクリプト作成
(http://netbuffalo.doorblog.jp/archives/4332005.htmlを参考に)

参考:2を忘れるとエラーが出ます。
   3の引数は、k2が最も見やすかった。dxは字が小さすぎ、kpwは少々擦れます。

識者の皆様に感謝

BigBlueButtonインストールメモ

BigBlueButtonインストールメモ
とりあえず自分用にざっと書いてあります。

サーバのスペックなど
OS:Ubuntu 14.04 LTS
Spec: Core2Quad/8G/128G_SSD (Express5800/110Ge)

Openmeetingsはいったん凍結してこちらでMoodleと連携を検討中。
情報をいただきましたうだがわ様に感謝
https://moodle.org/mod/forum/discuss.php?d=97526#p1175378

https://code.google.com/p/bigbluebutton/wiki/090InstallationUbuntu 
より

# cat /etc/default/locale
LANG="ja_JP.UTF-8"

# uname -m
x86_64

# cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=14.04
DISTRIB_CODENAME=trusty
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 14.04.1 LTS"

# grep "multiverse" /etc/apt/sources.list
## multiverse WILL NOT receive any review or updates from the Ubuntu
deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty multiverse
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty multiverse
deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-updates multiverse
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-updates multiverse
deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-backports main restricted universe multiverse
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty-backports main restricted universe multiverse
deb http://security.ubuntu.com/ubuntu trusty-security multiverse
deb-src http://security.ubuntu.com/ubuntu trusty-security multiverse

#echo "deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty multiverse" | tee -a /etc/apt/sources.list
deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ trusty multiverse

#apt-get update
#apt-get dist-upgrade

#wget http://ubuntu.bigbluebutton.org/bigbluebutton.asc -O- |apt-key add -

#echo "deb http://ubuntu.bigbluebutton.org/trusty-090/ bigbluebutton-trusty main" | tee /etc/apt/sources.list.d/bigbluebutton.list
deb http://ubuntu.bigbluebutton.org/trusty-090/ bigbluebutton-trusty main

#apt-get update

install-ffmpeg.sh を作成
----(ここから)
sudo apt-get install build-essential git-core checkinstall yasm texi2html libvorbis-dev libx11-dev libvpx-dev libxfixes-dev zlib1g-dev pkg-config netcat

FFMPEG_VERSION=2.3.3

cd /usr/local/src
if [ ! -d "/usr/local/src/ffmpeg-${FFMPEG_VERSION}" ]; then
sudo wget "http://ffmpeg.org/releases/ffmpeg-${FFMPEG_VERSION}.tar.bz2"
sudo tar -xjf "ffmpeg-${FFMPEG_VERSION}.tar.bz2"
fi

cd "ffmpeg-${FFMPEG_VERSION}"
sudo ./configure --enable-version3 --enable-postproc --enable-libvorbis --enable-libvpx
sudo make
sudo checkinstall --pkgname=ffmpeg --pkgversion="5:${FFMPEG_VERSION}" --backup=no --deldoc=yes --default
----(ここまで)

# chmod +x install-ffmpeg.sh
# ./install-ffmpeg.sh
参考:結構インストールに時間かかる
参考 ffmpeg削除するときはdpkg -r ffmpeg

# ffmpeg -version
ffmpeg version 2.3.3 Copyright (c) 2000-2014 the FFmpeg developers
built on Oct 21 2014 11:48:33 with gcc 4.8 (Ubuntu 4.8.2-19ubuntu1)
configuration: --enable-version3 --enable-postproc --enable-libvorbis --enable-libvpx
libavutil 52. 92.100 / 52. 92.100
libavcodec 55. 69.100 / 55. 69.100
libavformat 55. 48.100 / 55. 48.100
libavdevice 55. 13.102 / 55. 13.102
libavfilter 4. 11.100 / 4. 11.100
libswscale 2. 6.100 / 2. 6.100
libswresample 0. 19.100 / 0. 19.100

#apt-get install bigbluebutton

#apt-get install bbb-demo

#bbb-conf -enablewebrtc

# apt-get install -y xfonts-intl-japanese-big xfonts-intl-japanese

#bbb-conf --clean
#bbb-conf -check

#apt-get install sysv-rc-conf
# sysv-rc-conf
サービスの確認

#ufw status
# ufw enable
# ufw allow 80/tcp
# ufw allow 1935/tcp
# ufw allow 9123/tcp
# ufw allow 16384:32768/udp

最後に
# bbb-conf --clean
# bbb-conf --check
BigBlueButton Server 0.9.0-beta (438)
Kernel version: 3.13.0-32-generic
Distribution: Ubuntu 14.04.1 LTS (64-bit)
Memory: 7983 MB

/var/www/bigbluebutton/client/conf/config.xml (bbb-client)
Port test (tunnel): hogehoge
Red5: hogehoge
useWebrtcIfAvailable: true

/opt/freeswitch/conf/sip_profiles/external.xml (FreeSWITCH)
websocket port: 5066
WebRTC enabled: true

/etc/nginx/sites-available/bigbluebutton (nginx)
server name: hogehoge
port: 80
bbb-client dir: /var/www/bigbluebutton

/var/lib/tomcat7/webapps/bigbluebutton/WEB-INF/classes/bigbluebutton.properties (bbb-web)
bbb-web host: hogehoge

/var/lib/tomcat7/webapps/demo/bbb_api_conf.jsp (API demos)
api url: hogehoge

/usr/share/red5/webapps/bigbluebutton/WEB-INF/red5-web.xml (red5)
voice conference: FreeSWITCH
capture video: true
capture desktop: true

/usr/local/bigbluebutton/core/scripts/bigbluebutton.yml (record and playback)
playback host:hogehoge


** Potential problems described below **
# Warning: The API demos are installed and accessible from:
#
# http://hogehoge/
#
# These API demos allow anyone to access your server without authentication
# to create/manage meetings and recordings. They are for testing purposes only.
# If you are running a production system, remove them by running:
#
# sudo apt-get purge bbb-demo

設定
まずはサーバへの接続確認
ブラウザにて動作確認
http:// http://hogehoge/

----
Welcome to nginx!
If you see this page, the nginx web server is successfully installed and working. Further configuration is required.
For online documentation and support please refer to nginx.org.
Commercial support is available at nginx.com.
Thank you for using nginx.
----
これが出ればオッケー

# bbb-conf -salt
URL: http://hogehoge/bigbluebutton/
Salt: *********************

# sudo apt-get purge bbb-demo
# bbb-conf --restart
http://hogehoge(ただしIPアドレスでないといけない)/
にてアクセスできればオッケー

IPからFQDNに変更する。
# bbb-conf --setip hogehoge(ここはFQDNいれること)
確認
# bbb-conf --check
以下のhogehogeはFQDNになってることを確認
BigBlueButton Server 0.9.0-beta (438)
Kernel version: 3.13.0-37-generic
Distribution: Ubuntu 14.04.1 LTS (64-bit)
Memory: 7983 MB

/var/www/bigbluebutton/client/conf/config.xml (bbb-client)
Port test (tunnel): hogehoge
Red5: hogehoge
useWebrtcIfAvailable: true

/opt/freeswitch/conf/sip_profiles/external.xml (FreeSWITCH)
websocket port: 5066
WebRTC enabled: true

/etc/nginx/sites-available/bigbluebutton (nginx)
server name: hogehoge
port: 80
bbb-client dir: /var/www/bigbluebutton

/var/lib/tomcat7/webapps/bigbluebutton/WEB-INF/classes/bigbluebutton.properties (bbb-web)
bbb-web host: hogehoge

/var/lib/tomcat7/webapps/demo/bbb_api_conf.jsp (API demos)
api url: hogehoge

/usr/share/red5/webapps/bigbluebutton/WEB-INF/red5-web.xml (red5)
voice conference: FreeSWITCH
capture video: true
capture desktop: true

/usr/local/bigbluebutton/core/scripts/bigbluebutton.yml (record and playback)
playback host: hogehoge


** Potential problems described below **
# Warning: API URL IPs do not match host:
#
# IP from ifconfig: hogehoge
# /var/lib/tomcat7/webapps/demo/bbb_api_conf.jsp: hogehoge

# Warning: The API demos are installed and accessible from:
#
# http://hogehoge/
#
# These API demos allow anyone to access your server without authentication
# to create/manage meetings and recordings. They are for testing purposes only.
# If you are running a production system, remove them by running:
#
# sudo apt-get purge bbb-demo


追記(150304)
 参考サイト
・全般http://blog.scimpr.com/2012/08/15/オンライン会議システムを試す〜bigbluebutton/
・デフォルトプレゼンテーションの変更http://cute.classcat.com/index.php/webcon-faq-using-serivce/presentations/149-modify-default-presentation.html
・マニュアル(講師用聴講者用

Openmeetingsのインストール

 まだメモ程度だけど備忘録として書いておく。
先人に感謝。

 参考までにサーバのスペックなど
OS:Ubuntu 14.04 LTS
Spec: Core2Quad/8G/128G_SSD (Express5800/110Ge)

http://laetzsch4438.wordpress.com/2014/09/22/出来たっぽいよ、openmeetings!/

より

$ sudo -E add-apt-repository ppa:webupd8team/java

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get -y install oracle-java8-installer

$ sudo apt-get -y install imagemagick

$ sudo apt-get -y install make

$ sudo apt-get -y install zlib1g-dev

$ sudo apt-get install SWFTools

$ wget http://www.swftools.org/swftools-0.9.2.tar.gz

$ tar xfz swftools-0.9.2.tar.gz

$ cd swftools-0.9.2

$ sudo ./configure

$ sudo make

$ sudo vi swfs/Makefile

>> $(INSTALL_DATA) ./swft_loader.swf $(pkgdatadir)/swfs/swft_loader.swf

>> rm -f $(pkgdatadir)/swfs/default_viewer.swf(以降を削除)

>> $(LN_S) $(pkgdatadir)/swfs/simple_viewer.swf $(pkgdatadir)/swfs/default_viewer.swf

>> rm -f $(pkgdatadir)/swfs/default_loader.swf(以降を削除)

>> $(LN_S) $(pkgdatadir)/swfs/tessel_loader.swf $(pkgdatadir)/swfs/default_loader.swf

$ sudo make install

$ cd ~mishima

$ sudo apt-get -y install jodconverter

$ wget http://sourceforge.net/projects/openofficeorg.mirror/files/4.1.1/binaries/ja/Apache_OpenOffice_4.1.1_Linux_x86-64_install-deb_ja.tar.gz

$ tar xfz Apache_OpenOffice_4.1.1_Linux_x86-64_install-deb_ja.tar.gz

cd ja/DEBS/

$ sudo dpkg -i *.deb

$ cd ~mishima

$ sudo -E add-apt-repository ppa:mc3man/trusty-media

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get -y install ffmpeg

$ sudo apt-get -y install sox

$ sudo vi /etc/init.d/soffice

(以下を引用符消して丸ごと貼り付け)

#!/bin/bash

# openoffice.org headless server script

#

OOo_HOME=/opt/openoffice4

SOFFICE_PATH=$OOo_HOME/program/soffice

PIDFILE=/var/run/openoffice-server.pid

set -e

case "$1" in

start)

if [ -f $PIDFILE ]; then

echo "OpenOffice headless server has already started."

sleep 5

exit

fi

echo "Starting OpenOffice headless server"

$SOFFICE_PATH -headless -nofirststartwizard -accept="socket,port=8100;urp;" & >/dev/null 2>&1

touch $PIDFILE

;;

stop)

if [ -f $PIDFILE ]; then

echo "Stopping OpenOffice headless server."

killall -9 soffice && killall -9 soffice.bin

rm -f $PIDFILE

exit

fi

echo "Openoffice headless server is not running."

exit

;;

*)

echo "Usage: $0 {start|stop}"

exit 1

esac

exit 0

$ sudo chmod +x /etc/init.d/soffice

$ sudo /etc/init.d/soffice start &

(Failed to open displayが出るけど無視)

$ sudo mkdir /usr/local/openmeetings

$ sudo chmod -R 777 /usr/local/openmeetings

$ cd /usr/local/openmeetings

$ wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache/openmeetings/3.0.3/bin/apache-openmeetings-3.0.3.tar.gz

$ tar xfz apache-openmeetings-3.0.3.tar.gz

$ rm apache-openmeetings-3.0.3.tar.gz

$ cd ~/

$ sudo vi /etc/init.d/openmeetings

(以下を引用符消して丸ごと貼り付け)

#! /bin/sh

NAME=openmeetings

RED5_DIR=/usr/local/$NAME

START_DAEMON=$RED5_DIR/red5.sh

STOP_DAEMON=$RED5_DIR/red5-shutdown.sh

RUN_USER=root

PIDFILE=/var/run/$NAME.pid

LOGFILE=/var/log/$NAME.log

test -x $START_DAEMON || exit 5

start() {

echo -n "Starting OpenMeetings Service:"

cd $RED5_DIR

su -s /bin/bash -c "$START_DAEMON &" $RUN_USER >> $LOGFILE 2>&1

RETVAL=$?

echo

[ $RETVAL = 0 ] && touch ${PIDFILE}

sleep 2

return $RETVAL

}

stop() {

echo -n "Shutting down OpenMeetings:"

cd $RED5_DIR

su -s /bin/bash -c "$STOP_DAEMON &" $RUN_USER >> $LOGFILE 2>&1

RETVAL=$?

echo

[ $RETVAL = 0 ] && rm -f ${PIDFILE}

sleep 2

return $RETVAL

}

case "$1″ in

start)

start

;;

stop)

stop

;;

restart)

stop

start

;;

esac

$ sudo chmod +x /etc/init.d/openmeetings

$ sudo /etc/init.d/openmeetings start &

($ sudo /etc/init.d/openmeetings stop)止める時

$ sudo apt-get install sysv-rc-conf

$ sudo sysv-rc-conf サービスが起動時に動くように設定

$ sudo ufw allow 22/tcp

$ sudo ufw allow 1935/tcp

$ sudo ufw allow 5080/tcp

$ sudo ufw allow 8088/tcp

$ sudo ufw allow 8443/tcp

$ sudo ufw allow 4445/tcp

$ sudo ufw allow 80/tcp

#apt-get install autoconf automake build-essential checkinstall git libass-dev libfaac-dev -y

# apt-get install libgpac-dev libmp3lame-dev libopencore-amrnb-dev libopencore-amrwb-dev -y

おまじない

# apt-get install librtmp-dev libspeex-dev -y

# apt-get install libtheora-dev libtool libvorbis-dev pkg-config texi2html zlib1g-dev -y

# apt-get install libgif-dev xpdf libfreetype6 libfreetype6-dev libjpeg62 libjpeg8 -y

# apt-get install libjpeg8-dev libjpeg-dev libdirectfb-dev -y

# apt-get install libart-2.0-2 libt1-5 zip unzip bzip2 subversion git-core checkinstall -y

# apt-get install texi2html libfaac-dev libfaad-dev libmp3lame-dev libsdl1.2-dev libx11-dev -y

# apt-get install libxfixes-dev libxvidcore-dev zlib1g-dev libogg-dev sox libvorbis0a libvorbis-dev -y

# apt-get install libgsm1 libgsm1-dev libfaad2 lame make g++ -y

設定

http://vc10.innov.mie-u.ac.jp:5080/openmeetings/install

SWFTools Path /usr/local/share/swftools

ImageMagick Path /etc/ImageMagick

SoX Path /usr/bin/sox

JOD Path /usr/bin/jodconverter

CanonプリンタMP980の設定

 CanonプリンタMP980の設定ではまったのでメモしておく。

目的
 大学の教育用ネットワークセグメントに繋げたCanonプリンタMP980への設定
(固定IP(同一セグメント)環境、対象はWindows7,8マシン)

必要なもの
 CanonのサイトにあるドライバのうちPIXUS MP980 MP Driver Ver. 1.03とIJ Network Driver Ver. 2.5.7 / Network Tool Ver. 2.5.7
(MP980 ミニマスターセットアップ Ver.1.04はだめなんです)

方法
 1:PIXUS MP980 MP Driver Ver. 1.03をインストール
   なんやかんやいってくるが、とりあえずは適当に完了させる
   →これでプリンタドライバが入る
 2:IJ Network Driver Ver. 2.5.7 / Network Tool Ver. 2.5.7
   なんやかんやいってくるが、自動検出で該当のプリンタを表示させたらオッケー
   うまくいかない時は「デバイスの追加」で行きましょう
   →これを入れないと通信のためのポート「Canon BJNP Port」が入らない
    (ここではまった)

ここら辺が参考かな?
 手伝ってくれたM2のH君K君に感謝。

過去記事(月別)