2011年4月アーカイブ

Google Apps Scriptを使ってみた

 Google Apps Scriptを使ってみた。なるほど便利ね。
今回はGoogleのフォームに入力があったら自分に入力があったことを知らせるものとした。
スクリプトは下記の通り
----
function sendMailFromForm() {
    Logger.log('sendMailFromForm() debug start');

    //------------------------------------------------------------
    // 設定エリアここから
    //------------------------------------------------------------

    // 件名、本文、フッター
    var subject = "[アンケートに入力がありました]"; 
    var body
        = "Chromate Managerのアンケートに入力がありました\n\n"
        + "以上、報告まで。";

    // メール送信先
    var to    = "mishimaあっとhogehoge"; 

    //------------------------------------------------------------
    // 設定エリアここまで
    //------------------------------------------------------------

 
        // メール送信
        MailApp.sendEmail(to, subject, body);
}

Xmeeting設定メモ

 奥村先生と話していたときにメモするの忘れてた。
○Xmeetingの設定
・環境 OSX10.6.7,カメラはLogicool QcamPro4000(古い、、、)
・XmeetingのPreferences
 Video InputでPreferred Video Input DeviceをQcamとする
 (そうそう、うちはMaccamで認識させてるんだった。)
 Live Camera ModuleをYesとする

エプソンのコピーサーバメモ

 諸事情でエプソンのコピーサーバをさわることとなったので、いろいろ調べたメモ。
この情報を元に失敗しても責任は終えませんのでご了承ください。


いまさらながらTwitterとFacebook双方向化

 どちらも適当にさわっているもんだから連携させてみた。

Twitter->Facebook
Facebook->Twitter

先人に感謝。

Twitter


過去記事(月別)