2010年10月アーカイブ

ディスプレーケーブルのトラブル/解決

 久々にはまった。
大学の講義室で下記の接続を行ない、2台のパソコンからプラズマ、液プロ両方に画像を送ろうともくろむ。

[パソコン(2台)]-(配線A)-[サンワサプライSW-EV2]-(配線B)-[サンワサプライVGA-HR2K]-(配線C)--[プラズマテレビ、液晶プロジェクタ]

 デスクトップパソコンの場合は問題ないが、ノートパソコンだと画面がついたり消えたりして使い物にならない、、、。
いろいろ原因を探った結果、SW-EV2付属のディスプレーケーブルが15p全結線でなく14p結線でなおかつ上記のよう名組み合わせで配線Aのところで(その他は時間がなくって検証せず)のときに発生するよう。

 どうやら原因はVESA Display Data Channel(通称DDC)というプラグアンドプレイモニタ検出に関する問題だったよう。
によると、接続されていない12ピンはデータライン (SDA) とのこと。
ははーん、ノートパソコンではここが接続されてないといかんのね。
 ウィンドウズマシン(FMVノートとDell Vostroノート)でもMac(MacBook)でも再現された。

 本件の対応については購入先のサンワダイレクトさんに親身になって対応いただいたことを追記する。
ウェブ上でこの手の問題は報告されていない用なので、メモまで。

 その後の調べで、ケーブル長の問題っぽいことが分かった。14pは関係なかったの?

キーワード:ディスプレイ分配機、モニタ切替機
 こちらも久々の更新です。
作業中に複数のpdfやjpgを一つのpdfへ変換する必要があり、調べたところAutomatorでできるとのこと
10.5でも無事にできた。
先人に感謝。

Twitter


過去記事(月別)